厨房だより/

金沢を代表する食材「加賀麩」

 

加賀麩は藩政期から保存食として愛用され、

その後時代の変化とともにさまざまな趣向が施されて

金沢を代表する食文化のひとつとして発展してきました。

 

金沢は京都と並んで生麩・飾り麩の産地として知られています。

 

生麩は元々中国から京都に伝来したが、金沢は古くから寺の多い土地柄で、

精進料理の食材として盛んに用いられてきました。

 

現在も、治部煮に代表される伝統的な加賀料理に用いられるほか、

菓子など幅広い用途で広く愛用されています。

 
麩の原料であるグルテンは植物性タンパク質成分であり、

低脂肪・高タンパク・消化吸収力が高いなど特徴があるため、

健康志向の食品としても注目を集めています。

2017年01月18日 | Posted in 厨房だより

関連記事